アコヤ真珠の故郷、伊勢志摩にある英虞湾であこや真珠取り出し体験、アクセサリーつくり体験,アコヤ真珠貝オーナー、海上バーベキュー、牡蠣食べ放題、釣り、カヤックなどできる真珠工房です。アコヤ真珠養殖場が真珠工房になっていて真珠養殖工場の見学もできます。

真珠作り体験


真珠つくり体験


核入れは挿核手術ともいい真円の核をあこや貝の中に入れる手術で
真珠養殖の中で1番大事な作業です。


真珠の元となる核をアコヤ貝の身の中に埋め込む作業です。

生き物相手ですから初めての方が真珠をつくるのはとてもむずかしいです。


でも運と腕がよければいい真珠が出来ます。



初めて真珠が出てきた時のよろこびは格別なものです。

あなたもチャレンジしてみませんか?


4月~8月の間に核入れした真珠は翌年の1月~2月に
真珠の取り出しができます。



真珠作り体験

体験期間  4月〜8月  要予約

お客様に核入れしていただき真珠ができるまでの管理は当社が行います。
取り出し時は無料です。取り出しに来られないお客様は宅急便(送料別)にて送ります。

    
    料金お1人様10個 5000円管理費込) 所要時間2時間前後
     10個追加する場合 +3000円  

真珠つくり体験 申し込みはこちらから





核入れ体験

 体験期間4月〜10月 要予約

     核入れ体験だけしたいお客様用のプラン 
    (真珠を作るためのアコヤ貝の管理はしません。)

     料金お1人様10個 3000円
    10個追加する場合 +2000円  

     

前日までにお電話かメールで必ず予約して下さい。
営業時間 9時~16時




核入れ体験申し込みはこちらから 


核入れ作業の様子

 

細胞

細胞 他のあこや貝の外套膜を切り取り
   細かくきざんだもの
核  アメリカ産の淡水の貝(ドブ貝)を丸くしたもの






核入れ

  ★貝の卵巣部分にメスを入れます。
   ★細胞を入れます。




アコヤ貝の中

     ★核を細胞にくっつくように入れます
 核と細胞が離れてしまうと真珠はできず
    核のまま出てきます。


真珠取り出し

翌年の1月頃、取り出します。






真珠ができる仕組み

核入れ1,around,left,nolink,核入れ

アコヤ貝の体内で上皮細胞が核を覆います。
核入れ2

真珠袋が形成されます。
核入れ3

真珠層を分泌します。
核入れ4

真珠層の厚みは0.5mm~1mmくらいです。
1mmの真珠層は2500層の結晶の重なりでできています

結晶1枚の厚みは0.3~0.4ミクロンです。
(1ミクロン=1000分の1mm)

真珠つくり体験 申し込み
核入れ体験 申し込み

 

 真珠工房 真珠の里

      山本水産有限会社

   〒517-0704三重県志摩市志摩町越賀1125-88
   E−mails.tamachan@extra.ocn.ne.jp

     ☆携帯  080-1557-5837
     ☆工場  0599-85-0515
     ☆自宅  0599

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional